京都大学経済研究所シンポジウムシリーズⅡ:
豊かさを育むエビデンスベース社会の実現に向けて
第6回「明日の社会を創る-科学技術と大学-」

  • 日時
  • 場所

2017年12月2日(土)
14:00~17:00(13:30開場)

京都大学国際科学イノベーション棟 5 階シンポジウムホール
〒606-8501 京都市左京区吉田本町 京都大学本部構内
アクセス >>

シンポジウム趣旨

私たちのまわりには、科学技術が隅々にまで浸透し、現代社会と科学技術は密接に結びついています。また、大学は、学術研究の担い手であるとともに、人材育成、地域社会への貢献など様々な取り組みを行っています。
今回のシンポジウムでは、「明日の社会を創る-科学技術と大学-」をテーマに、大学政策の責任者や第一線で活躍している研究者をお招きし、科学技術と大学、または大学と社会とのかかわりなどについてご講演いただくとともに、豊かな社会の構築に向けた科学技術と大学の役割について、京都大学関係者も交えたパネル討論を行います。

皆さまの参加をお待ちしています。

プログラム

司会:関根 仁博 京都大学経済研究所先端政策分析研究センター(CAPS)准教授

14:00-14:10 開会の挨拶
趣旨説明
矢野 誠
京都大学経済研究所教授・先端政策分析研究センター長
経済産業研究所(RIETI)所長
14:10-14:50 講演1
(40分)
義本 博司
文部科学省高等教育局長
「社会と大学の関わり:大学政策の在り方」
14:50-15:30 講演2
(40分)
栗原 和枝
東北大学未来科学技術共同研究センター教授
「科学で技術を支援する」
15:30-15:45 休憩  
15:45-16:55 パネル討論
(70分)

「豊かな社会を創る科学技術と大学の役割」


【司会】
関根 仁博 
京都大学経済研究所先端政策分析研究センター准教授


【話題提供 15分】
湊 長博 
京都大学プロボスト、理事・副学長、同医学研究科教授
「科学するマインド」


【討論】

  • 義本 博司
    文部科学省高等教育局長
  • 栗原 和枝
    東北大学未来科学技術共同研究センター教授
  • 湊 長博
    京都大学プロボスト、理事・副学長、同医学研究科教授
  • 矢野 誠
    京都大学経済研究所教授・先端政策分析研究センター長
    経済産業研究所(RIETI)所長
  • 西山 慶彦
    京都大学経済研究所副所長・教授
16:55-17:00 閉会の挨拶 溝端 佐登史
京都大学経済研究所所長・教授

登壇者紹介

義本 博司(よしもと ひろし)

  • 文部科学省高等教育局長

1984年文部省入省。高等教育行政分野では、視学官、大学振興課長、高等教育企画課長、局審議官を歴任。大臣官房総括審議官を経て2017年7月から現職に就任し、内閣官房人生100年時代構想推進室にて室長代行補にも着任、人づくり改革における教育費負担軽減やリカレント教育の拡大等の施策を推進中。初等中等教育分野では、幼児教育課長、局審議官としての勤務経験がある。

栗原 和枝(くりはら かずえ)

  • 東北大学未来科学技術共同研究センター教授

お茶の水女子大学理学部卒業。東京大学大学院工学系研究科にて工学博士取得。東京大学生産技術研究所、米国の大学及びスウェーデンの研究所、名古屋大学などを経て1997年より東北大学教授(反応化学研究所、多元物質科学研究所など)。
専門は界面化学、高分子、生物物理、特に表面力測定。

湊 長博(みなと ながひろ)

  • 京都大学プロボスト、理事・副学長、同医学研究科特命教授

京都大学医学部卒業。米国アインシュタイン医科大学研究員、自治医科大学内科助教授を経て、1992年~2015年京都大学医学研究科教授、2011年~2014年医学部長・研究科長。京大医博、専門は免疫学、英文原著論文200編。2014年より京都大学理事、2017年より現職。

溝端 佐登史(みぞばた さとし)

  • 京都大学経済研究所所長・教授

大阪外国語大学外国語学部卒業。京都大学にて経済学博士を取得。岐阜経済大学を経て、2002年より現職、 2012年より所長。専門は経済制度、比較経済学、ロシア東欧経済、国際経済学。著書に『ロシア経済・経営システム 研究』『ロシア近代化の政治経済学』など多数。

矢野 誠(やの まこと)

  • 京都大学経済研究所教授・先端政策分析研究センター長
  • 経済産業研究所(RIETI)所長

東京大学経済学部卒業。ロチェスター大学にてPh.D.取得。コーネル大学、慶應義塾大学を経て、2007年より京都大学経済研究所教授。2016年4月より経済産業研究所所長兼任.専門は経済動学、国際経済学、数理経済学、法と経済学。著書に『「質の時代」のシステム改革』『マクロ経済動学』『なぜ科学が豊かさにつながらないのか?』など。

西山 慶彦(にしやま よしひこ)

  • 京都大学経済研究所副所長・教授

京都大学経済学部卒業。ロンドン経済大学にてPh.D. 取得。名古屋大学情報文化学部を経て、2005年より現職、2016年より副所長。専門は計量経済学、数理統計学。

参加お申込み

先着250名(入場無料)

参加ご希望の方は、以下のいずれかの方法でお申込み下さい。後日入場証をお送り致します。

  1. 参加申込フォーム こちらから >>
  2. ハガキまたはFAX
    1. 氏名(ふりがな)
    2. 連絡先(メールアドレス、FAX番号、住所のいずれか)をお書き添えの上、下記までお申込み下さい。
      ※参加の皆様の情報を適切に保護し、本シンポジウムの開催・受付の目的以外は利用致しません。

お問合せ先

京都大学経済研究所シンポジウム事務局 (株)CSセンター内

〒604-8141 京都市中京区泉正寺町334番地 日昇ビル5階

Tel: 075-241-9620 Fax: 075-241-9692

E-mail: kier@cscenter.co.jp

アクセス

京都大学国際科学
イノベーション棟5階
シンポジウムホール

〒606-8501 京都市左京区吉田本町
TEL: 075-753-7582

京阪出町柳駅より、徒歩約15分叡電改札口、または今出川改札口から、大文字山を望みながら東へ歩き、百万遍の交差点を南へ右折してください。正門より時計台を右側に進んでいただきすぐのところにあります。

京都駅より、市バス等で約40分 市バス:206番(バス停:京大正門前で下車) もしくは17番(バス停:百万遍で下車)に乗車してください。 乗車時間は約35分、バス停からは徒歩約3分です。市バス運賃は、230円です。 電車:国際会館行きに乗車し、今出川駅で下車してください。運賃は260円です。 次にバス停:烏丸今出川から、市バス201(バス停:京大正門前で下車) もしくは203番(バス停:百万遍で下車)に乗り換えてください。 タクシー:東大路通を北へ進み、東一条通の交差点で下車してください。 正門より時計台を右側に進んでいただきすぐのところにあります。京都駅からのタクシー代金は、2,000円程度です。

阪急河原町駅(四条河原町)より、市バス等で約30分 市バス201番(バス停:京大正門前で下車)もしくは17番、3番(バス停:百万遍で下車)に乗車してください。 乗車時間は約25分、バス停からは徒歩約3分です。市バス運賃は、230円です。

主催

京都大学経済研究所

共催

独立行政法人経済産業研究所(RIETI)

京都大学社会科学統合研究教育ユニット

公益財団法人KIER経済研究財団

京都大学経済研究所シンポジウムシリーズⅡ: 豊かさを育むエビデンスベース社会の実現に向けて

京都大学経済研究所シンポジウムシリーズ:<明るく楽しい少子高齢化社会への道筋>

京都大学経済研究所シンポジウム