• ホーム
  • 大学・研究機関イベント情報

大学・研究機関イベント情報

第32回 奈良先端大産学連携フォーラム

「新たな研究領域の開拓 ~第二の山中伸弥教授を目指す若手研究者~」

 

チラシ

 

国立大学法人奈良先端科学技術大学院大学は、平成30年度に現在の3研究科から1研究科に移行し、融合領域教育の強化及び新たな研究領域の開拓に取り組んでまいります。
今回、研究者や企業の技術者等のみなさまに1研究科への移行に先駆けた取り組みの一部を紹介するとともに、ご参加いただきましたみなさまの交流を目的として、第32回奈良先端大産学連携フォーラムを下記のとおり開催いたします。
※講演の際には、専門分野でない方々にも分かりやすい解説を加えつつ紹介いたしますので、多数のご参加をお待ちしております。

 


 

【開催日】

平成29年7月21日(金)

 

【開催日時】

13:30~16:30[13:00~受付開始]

 

【開催地】

公益社団法人関西経済連合会中之島センタービル29階会議室

(大阪市北区中之島6丁目2-27)

 

【参加費】

無 料

 

【プログラム】

 

・挨 拶[13:30~13:35]
奈良先端科学技術大学院大学 理事・副学長 箱嶋 敏雄

 

・研究成果紹介講演[13:35~15:45※1人30分、14:35~14:45の間に10分間の休憩]

 

◇「ソーシャルが拓く未来の医療/健康」
研究推進機構 特任准教授 荒牧 英治、博士研究員 若宮 翔子
(講演要旨)
ビッグデータ、人工知能、ディープラーニング、さまざまな情報技術の波が医療を革新しつつある。新しい情報技術によって、どのようなことが可能になりつつあるのか、言語処理技術を中心に、医療人工知能、認知症、花粉症といった医療応用事例を紹介するとともに、来たるべき未来の生活を講演する。

 

◇「アフリカの農業を脅かす魔女の草の撲滅に向けて」
研究推進機構 特任准教授 吉田 聡子
(講演要旨)
魔女の草と呼ばれる雑草があります。ストライガという名前のこの草は、アフリカ大陸を中心に人々の主食となるイネ、トウモロコシ、ソルガムなどに寄生する寄生雑草で、甚大な農業被害を引き起こしています。ストライガはなぜそんなに脅威になるのか?ストライガの巧みな生存戦略と魔女の草の撲滅に向けた取り組みを紹介する。

 

◇「計算化学を用いる希土類発光の機構解明と材料設計」
研究推進機構 特任准教授 畑中 美穂
(講演要旨)
希土類の発光は、ディスプレイから生体内センサーまで幅広い分野で用いられている。中でも、近年開発された発光色が温度によって変化する「カメレオン温度センサー」は航空機表面の温度測定等の分野への応用が期待されている。本講演では、この現象のメカニズムや、メカニズムを調べるための新しい近似的計算方法、温度に対する感度の異なる発光体の設計指針について紹介する。

 

◇「分子技術に基づいて両親媒性を導入した複機能性高分子の合成」
研究推進機構 特任准教授 網代 広治
(講演要旨)
一般に液体を輸送するパイプでは、内部が閉塞すると様々な問題が生じる。例えば、血管に脂分がたまると、動脈硬化症の原因となる。また、天然ガスパイプラインにガスハイドレートがたまると、大事故を招く。本講では、水にも油にもなじむ“両親媒性”を利用して、これらの問題を解決する高分子材料の研究について紹介する。

 

・研究推進機構の紹介[15:45~16:00]
研究推進機構 産官学連携推進部門長 久保 浩三

 

・情報・意見交換会[16:00~16:30]

講師との情報・意見交換の時間を設定しております。ぜひ、積極的にご交流ください。

 

【申し込み】

◎参加ご希望の方は、申込書により、FAXまたはメールにてお申し込み下さい。
参加申込書

 

【お問合せ先】

公益財団法人 奈良先端科学技術大学院大学支援財団 企画事業部
TEL:0743-72-5810

FAX:0743-72-5819

Mail:ashida@science-plaza.or.jp

  Filed under:未分類 /  Comments (0)

国際日本文化研究センター 第312回 日文研フォーラム

「第312 日文研フォーラム」の画像検索結果

PDFダウンロード


 

【開催日】

2017年07月25日(火)

 

【場 所】

ハートピア京都 3階大会議室

京都中京区竹屋町通烏丸東入る清水町375

 

【開場時間】

13:40

 

【開始時間】

14:00

 

【終了時間】

16:00

 

【申し込み】

不 要

 

【受講料】

無 料

 

【定 員】

先着180名まで

 

【概 要】

平安神宮や西本願寺伝道院の建築家として知られる伊東忠太(1867-1954)は、明治時代の日本人の言語生活に、「建築」という言葉を定着させました。日本初の建築史家でもある忠太は、日本建築の源流はギリシャにあるとの説を唱えます。
忠太はこの理論を証明するため、1902(明治35)年に日本を出発。中国、インド、オスマン帝国、欧州、米国をめぐる世界一周旅行に挑みました。3年3ヵ月にわたったこの旅は、彼の視点を変えることになります。その後の忠太は、今日のいわゆる「東洋建築」、「イスラム建築」について、日本からの視点で考えはじめるのです。
本講演では、オスマン帝国での見聞に重点を置きながら、忠太の冒険と、「世界建築」への視座を探求します。

 

【内 容】

<発表者>

明治の建築家 伊東忠太 オスマン帝国土産話

ジラルデッリ 青木美由紀   イスタンブル工科大学(トルコ)

非常勤准教授補 ・ 国際日本文化研究センター  外国人研究員

 

<コメンテーター>

井上 章一 国際日本文化研究センター 教授

 

<司 会>

佐藤 真由子 国際日本文化研究センター 准教授

 

 

  Filed under:未分類 /  Comments (0)

総合地球環境学研究所 第73回地球研市民セミナー

Flyer詳細(チラシ)はこちら( PDF )です。

総合地球環境学研究所(地球研)では、地球環境問題を具体例に則してわかりやすく解説する「地球研市民セミナー」を年に数回開催しております。

下記のとおり、第73回「地球研市民セミナー」を開催いたします。参加を希望される方は、開催日、お名前、ご連絡先(e-mailアドレス・住所・電話番号・FAX番号のいずれか)をご記入の上、e-mail、電話またはFAXにてお申し込みください。 なお、今回の会場はハートピア京都大会議室、時間は18:30-20:00(18:00開場)となっておりますので、お間違えのないようお願いいたします。

 


 

【開催日】

2017年07月04日(火)

 

【時 間】

18:30-20:00(18:00開場)

 

【開催地】

ハートピア京都 大会議室(⇒アクセス

ご来場の際には、公共交通機関をご利用くださいますようお願いいたします。

 

【講 師】

西條 辰義
(総合地球環境学研究所・特任教授
プログラムディレクター)

 

【聞き手】

小林 舞
(総合地球環境学研究所・プロジェクト研究員)

 

【聴 講】

無料(どなたでも聴講できます)  ※手話通訳あり

 

【定 員】

200名(申込先着順)

 

【主 催】

総合地球環境学研究所

 

【後 援】

京都府

 

【申込方法】

e-mail、電話、FAXにて受付(開催日、お名前、ご連絡先をご記入ください)

 

アーカイブ配信用にビデオ撮影を行います。

 

【申込・お問い合わせ】

総合地球環境学研究所 広報室

E-mail:E-mail

TEL:075-707-2128   FAX:075-707-2106

〒603-8047 京都市北区上賀茂本山457-4

  Filed under:未分類 /  Comments (0)

大阪大学 産学共創本部キックオフシンポジウム

大阪大学 産学共創本部キックオフシンポジウム

http://www.osaka-u.ac.jp/ja/news/seminar/2017/07/7373/picture_preview

 

大阪大学は、これからの社会をよりよいものに変革していくために、産学官民が知恵を出し合い、未来社会のあるべき姿や新たな価値を共有した上で、潜在的課題の発掘や課題解決の推進に取り組む必要があると考えています。 そのために、新たな「共創イノベーション」を生み出すべく、平成29年4月より、産学連携本部を産学共創本部へと改組しました。本シンポジウムを通じて産業界・市民・大学等の皆さまに「共創イノベーション」の趣旨に共感していただくことで、共創実践のスタートの場といたします。

 

【開催日】

2017年07月04日(火)

 

【時 間】

14時00分から19時00分

 

【開催地】

大阪市中央公会堂 3階中集会室

 

【問い合せ先】

大阪大学 研究推進・産学連携部産学連携課 産学共創企画係 シンポジウム担当
kickoff☆uic.osaka-u.ac.jp(☆→@に変換)
http://www.uic.osaka-u.ac.jp/sympo170704/index.html

 

【プログラム】

13:00 受付開始+ポスターセッション
【第1部 共創に向けたビジョン】
14:00 開会挨拶 大阪大学総長 西尾 章治郎
14:05 来賓祝辞 文部科学省
14:10 ビジョン説明 産学共創本部長 吉川秀樹と4部門長(パネル形式)
14:45 協賛者からの期待(各15分)

 

 NPO法人ミラツク 代表理事 西村勇哉氏
 一般社団法人関西経済同友会 常任幹事 深野弘行氏
 (伊藤忠商事株式会社 常務執行役員)
 株式会社小松製作所 取締役会長 野路國夫氏

 

15:30 コーヒーブレイク+ポスターセッション

 

【第2部 共創に向けた提案】

15:45 共創デザイン(全体像)

-共創テーマの探索チーム及び研究ユニットへの参加呼びかけ
-未来共創思考サロンを核とした人材育成事業への参加呼びかけ

17:15 ポスターセッション
17:30 レセプション(同会場)
19:00 終了

 

主催:大阪大学
協賛:大阪商工会議所、関西経済同友会、関西経済連合会、NPO法人ミラツク(予定)
後援:内閣府、文部科学省、経済産業省、大阪府、大阪市、京都市、神戸市、

科学技術振興機構、新エネルギー・産業技術総合開発機構、日本医療研究開発機構、

大阪大学ベンチャーキャピタル株式会社(予定)

協力:大阪大学21世紀懐徳堂

  Filed under:未分類 /  Comments (0)

京都地域未来創造センター設立記念シンポジウム

『京都における地域の未来を拓く大学の役割』

pdf京都地域未来創造センター設立記念シンポジウム


 

謹啓 時下ますますご清祥のこととお慶び申し上げます。

平素は、本学の研究教育事業に格別のご高配を賜り誠にありがとうございます。

さて、京都府立大学では、平成29年4月、京都地域未来創造センターを設立しました。

この度、設立記念シンポジウム「京都における地域の未来を拓く大学の役割」を開催するはこびとなりましたので、下記にご案内させて頂きます。

 

シンポジウムの詳細は別添チラシあるいは下記URLにて覧いただけます。

御活用頂ければ幸いです。

 

【日 時】 平成29年7月8日(土) 14:00~17:15

 

【場 所】 京都府立大学下鴨キャンパス内 教養教育共同化施設「稲盛記念会館」104講義室

http://www.kpu.ac.jp/contents_detail.php?co=cat&frmId=5686&frmCd=41-9-0-0-0

 

【タイトル】

『京都における地域の未来を拓く大学の役割』

 

【基調講演】

大西 隆 氏(日本学術会議会長、豊橋技術科学大学学長、東京大学名誉教授)

『今後の科学技術の進展と地域社会-大学は地域との協働でいかに役割を果たすべきか』

 

【パネルディスカッション】『京都地域未来創造センターが諸分野で果たす役割への期待』

安部 孝幸 氏(株式会社京都銀行 公務・地域連携部 次長)

塩見 直紀 氏(半農半X研究所 所長、福知山公立大学 准教授)

肥前 洋一 氏(高知工科大学教授 経済・マネジメント副学群長、フューチャー・デザイン研究センター長)

大西 隆 氏(日本学術会議会長、豊橋技術科学大学学長、東京大学名誉教授)

宮藤 久士 氏(京都府立大学 生命環境科学研究科 教授)

 

【対象者】

自治体職員、大学職員、学生  ほか広く府民一般

 

【申込方法】

申込みフォームはこちら:https://goo.gl/forms/6Bxf6NmvjQQf3PuF2

 

【申込期限】

2017年07月05日(水)

 

【参加料】

無 料

 

【問合せ先】

京都府立大学京都地域未来創造センター

メール:kirpinfo@kpu.ac.jp

電 話:075-703-5319

F  A  X:075-703-5319

以 上

  Filed under:未分類 /  Comments (0)

京都大学ウイルス・再生学研究所

第12回 ウイルス・再生医科学研究所公開講演会

 

2016年10月に再生医科学研究所はウイルス研究所と統合し、規模を二倍に拡大した新研究所となりました。第12回となる今回の公開講演会では、ウイルス感染症の視点が新たに加わりました。

1980年代に出現したエイズは、近代科学の輝ける20世紀の終盤に至って世界に暗い影を投げかけました。今回の講演会では、現代医学の先端課題であるウイルス感染症への対策と再生医学の確立について思い起こします。

 

【開催日】

2017年07月15日 土曜日

 

【時 間】

14時00分~16時10分(13時30分受付開始)

 

【開催地】

京都大学 百周年時計台記念館 百周年記念ホール
本部・西部構内マップ[3]
http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/access/campus/yoshida/map6r_y/

 

【対 象】

高校生、大学生、一般の方

 

【定 員】

500名

 

【詳細等】

<テーマ>

「ウイルス研究所と一緒になりました」

 

<プログラム>

14時00分~14時05分

開会挨拶
開 祐司(ウイルス・再生医科学研究所長)

 

14時05分~15時05分

<演 題>

「生物のデザインを理解して再現する ~発生生物学と幹細胞制御技術~」
永樂 元次(ウイルス・再生医科学研究所教授)

 

<要 旨>

私たちの体は数十兆個の細胞から出来ていると言われていますが、元は受精卵という1つの細胞から発生します。生物の発生過程は未解明の生命現象で満たされており、今なお多くの研究者を惹き付けています。本講演会では生物の体の成り立ちを分かり易く解説するとともに、試験管内で臓器を形成するための最新の幹細胞制御技術についても紹介したいと思います。

 

15時10分~16時10分

<演 題>

「エイズウイルスの過去と現在」
小柳 義夫(ウイルス・再生医科学研究所副所長・教授)

 

<要 旨>

30数年前の本邦のエイズパニックを覚えているのは、中年以上の人のはずです。実は、その前にわたしは研究者としてこのウイルスに遭遇していました。現在では、抗ウイルス剤が開発され、エイズの発病を抑えることができます。このウイルスについて、わたしの経験を含めて紹介します。

 

【参加費】

無 料

 

【申し込み】

参加ご希望の方は、以下のいずれかの方法でお申し込みください。

 

・1 Webでの申し込み

以下URLの「お知らせ・トピックス」からお申し込みください。
http://www.infront.kyoto-u.ac.jp/category/news/

 

・2 FAXでの申し込み

冒頭に「公開講演会参加申込」と明記し、以下の項目を明記のうえ、下記問い合わせ先まで送信してください。

  1. 氏名(ふりがな)
  2. 連絡先のFax番号および電話番号(受付通知をメールにて希望される方はメールアドレス)
  3. 所属(学生の方は学年)
  4. 年齢

 

・3 往復はがきでの申し込み

冒頭に「公開講演会参加申込」と明記し、以下の項目を明記のうえ、下記問い合わせ先まで送付してください。
(返信はがき(表)には必ず、送付先の住所、氏名を記入してください。)

  1. 氏名(ふりがな)
  2. 住所
  3. 連絡先の電話番号
  4. 所属(学生の方は学年)
  5. 年齢

※ 参加者の皆さまの情報は適切に保護し、本講演会の開催・受付の目的以外には使用しません。

 

【申し込み締切日】

2017年07月14日 金曜日

 

【問い合せ】

京都大学ウイルス・再生医科学研究所 総務掛
〒606-8507 京都市左京区聖護院川原町53
Tel: 075-751-3802
Fax: 075-751-4646
E-mail: 330seminar*mail2.adm.kyoto-u.ac.jp (*を@に変えてください)

 

【関連リンク】

ホーム(メインイメージ)

  Filed under:未分類 /  Comments (0)

第145回 地球研セミナー

「デジタル革命とプラネタリー・バウンダリー」

 

【開催日時】

2017年7月18日(火)13:00 – 15:00

 

【場 所】

総合地球環境学研究所 講演室(⇒アクセス)

 

【講演者】

Dr. Stephane Grumbach(Senior Scientist at INRIA, Director of IXXI, Rhône-Alpes Complex Systems Institute)

Grumbach先生は、フランス国立情報学自動制御研究所のシニア・サイアンティスト及び、Rhone-Alpes Complex Systems InstituteでIXXIのディレクターをされています。先生は、データに関するスペシャリストで、DNA塩基配列の圧縮アルゴリズムの設計や、複素数型等を研究されてきました。先生の主要な関心は、学際的なトピックスになります。そして現在の研究は、デジタル革命の崩壊について等です。また、国際的な活動にも強い関心を持ち、これまでにも中国に8年間滞在され、中国科学アカデミーで中国・ヨーロッパITラボを導いた経験もあります。

 

【要 旨】

The mastery of matter followed by energy has permitted a rapid growth of human industries, which lead to the emergence of the technosphere, a complex intertwined system of energy production, agriculture, raw material extraction, transportation and administration. The level of appropriation of natural resources by the technosphere challenges now its own sustainability. While it increasingly clearly influences earth climate and ecosystem, it also becomes more autonomous from human decisions. This characterizes the anthropocene with new boundaries and a need for alternative political answers.

Meanwhile, in the last decades, technological development has lead to the mastery of information, and as for energy the capacity to abstract it mostly from physical constraints. The impact of the digital revolution on society is radical. It complexifies the organization, increases reticulation and deepens interdependencies between actors. How does this phenomenon relates to the anthropocene? In this talk I will elaborate on the striking contemporaneity of both rapid revolutions, which both seem to rub away borders, weakening nations and established powers, leading to new asymmetries, new appropriation. Can the digital revolution be a consequence of the end of abundance?

 

【使用言語】

英 語

 

【連絡担当者】

岩崎 由美子 E-mail

  Filed under:未分類 /  Comments (0)

京都精華大学 人文学部

内田 樹 公開授業「人文学の可能性-日本の大学教育に未来はあるのか?」

http://www.kyoto-seika.ac.jp/info/files/2017/06/170724uchida_tatsuru.jpg

 

【開催日】

2017年7月24日(月)

 

【時 間】

13:00~14:30

 

【開催地】

京都精華大学 黎明館2階 L-201

 

【内 容】

日本の大学教育は「悲惨」なことになっている。昨年10月にはアメリカの『フォーリンアフェアーズ』が、今年の3月にはイギリスの『ネイチャー』が「日本の大学教育はなぜ失敗したのか?」をテーマに特集を組んだ。海外メディアの研究対象になるほど、日本の大学教育の劣化は世界的にも例外的な現象なのである。この制度劣化の理由とその実状、そしてこれからの大学教育の再生の方途について考えたい。「人文学の可能性」はあるのか?

 

【申 込】

事前申し込み、参加費不要

 

内田 樹 プロフィール(人文学部 客員教員)

 

  Filed under:未分類 /  Comments (0)

ライフサイエンス法令セミナー(第3回)【一般公開セミナー】

「動物実験代替法の国内外の動向-大学研究者への毒性/薬理研究への期待

動物実験代替法セミナー案内

 

 

近年、動物実験を取り巻く環境、法規制が国際的に強化されています。特に、欧州では法規制が強化されており、2013年3月より全ての毒性項目に関して動物 実験を行った成分を含む化粧品の製造販売が禁止され、さらに化学物質規制にも適用されるなど、関連する業界に大きな影響を及ぼしており対応を迫られています。このため、現在、動物実験の3Rs(Reduction: 動物実験の削減、 Refinement:実験動物の苦痛の軽減、Replacement:動物実験の置換)の観点から、毒性試験の動物実験代替法の開発、活用に向けた取り組みが世界中で活発になっています。
本セミナーでは、国立医薬品食品衛生研究所 小島肇先生より、動物実験代替法の国内外の動向と企業の対応に加え、動物実験代替法の開発において重要な「毒性/薬理研究」への大学研究者に対する期待について、お話いただきます。 また今回、日本化学工業協会から、研究への支援活動(LRI)についてもお話いただきます。
動物実験関係者の方だけでなく、生物系の研究者の方、産官学連携部門の方も、有用な情報を得られる機会ですので、是非ご出席ください。

 

【日 時】2017年07月18日(火)13:30-15:30

 

【場 所】 京都大学 吉田キャンパス 本部構内 学術研究支援棟 地下1階会議室

(キャンパスマップ本部構内61番の建物)http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/access/campus/yoshida/map6r_y

(〒606-8501 京都府京都市左京区吉田本町)

 

【内 容】

13:30-15:00:「動物実験代替法の国内外の動向-大学研究者への毒性/薬理研究への期待」
国立医薬品食品衛生研究所 安全性生物試験研究センター 安全 性予測評価部  第二室長 兼 日本動物実験代替法評価センター事務局 小島 肇 氏

15:00-15:30:「Long-Range Research Initiative(LRI)-化学物質の健康、環境に及ぼす影響に関する研究への支援活動」
一社)日本化学工業協会 常務理事 石井 一弥 氏

 

【申 込】

申し込みは、E-mail(event-respo@mail2.adm.kyoto-u.ac.jp)宛に

件名:7/18動物実験代替法セミナー参加申込みと記載し、

お名前、ご所属、部署/役職、連絡先(E-mail, TEL)をご連絡ください。

(申込締切07月12日(水))(参加無料、定員になり次第締切とさせていただきます。

 

【主 催】

京都大学 研究倫理・安全推進室(RESPO)

HP : http://respo.rp.kyoto-u.ac.jp/

E-mail : respo@mail2.adm.kyoto-u.ac.jp

TEL : 075-753-5601、FAX : 075-753-5604

 

【共 催】

ライフサイエンスコンプライアンス研究会(ReCoLiC)

HP : http://respo.rp.kyoto-u.ac.jp/recolic

E-mail : life-respo@mail2.adm.kyoto-u.ac.jp

 

  Filed under:未分類 /  Comments (0)

京都産業大学 益川塾セミナー

「GW150914の発見と重力波天文学」

 

 

【概 要】

2015年9月14日、アメリカに建設された2台の重力波検出器LIGOが、36および29太陽質量の2つのブラックホールが合体したことによる重力波を検出した。
セミナーでは、発見の経緯や手法について述べる。また、検出器・検出手法や解釈についてや今後本格稼働するKAGRA/Virgoについても概観する。

 

【講 師】

伊藤 洋介 氏(東京大学ビッグバン宇宙国際研究センター)

 

【講演題目】

GW150914の発見と重力波天文学

 

【開催日時】

2017年6月26日(月)13:30~

 

【開催地】

京都産業大学 1号館4階 談話室

 

【対 象】

一般・学生・教職員

 

【申 込】

事前申込は不要。当日、直接、1号館4階 談話室へお越しください。

 

【参加費】

無 料

 

【お問い合わせ】

京都産業大学 研究機構(益川塾)

〒603‐8555 京都市北区上賀茂本山
Tel.075-705-3105
mtrec-office@star.kyoto-su.ac.jp

  Filed under:未分類 /  Comments (0)