• ホーム
  • 大学・研究機関イベント情報

大学・研究機関イベント情報

【演題】 「『カーストと平等性:インド社会の歴史人類学』とその後」

【共催】
京都大学大学院アジア・アフリカ地域研究研究科附属 現代インド研究センター
http://www.indas.asafas.kyoto-u.ac.jp/
南アジア・インド洋世界研究会(http://www.asafas.kyoto-u.ac.jp/WS/sa-io/

【日時と場所】
日時:2011年5月19日(木) 18:00開場 18:30開始
場所:京都大学 総合研究2号館 4階会議室(AA447)

会場までの道のりは、以下のアクセス・マップをご覧下さい。
http://www.asafas.kyoto-u.ac.jp/about/access.html

【発表者①】 田辺明生(京都大学大学院アジア・アフリカ地域研究研究科)
【発表者②】 内山田康(筑波大学人文社会学研究科)

【要旨】
 拙著『カーストと平等性-インド社会の歴史人類学』(東京大学出版会、2010
年)で、私は、史料分析と臨地調査を組み合わせることにより、過去と現在を往
復しながら、18世紀から2009年現在までのインド社会のダイナミズムを理解する
ことを試みた。特に注目したのは、カースト間関係の歴史的変容、そしてそこに
おける人々の行為主体性(エージェンシー)のはたらきであった。そこでは、現
在のインド・オリッサ地域社会の変容は、<地位のヒエラルヒー>と<権力の中
心性>という植民地下において強化されたヘゲモニー構造を乗り越え、生活世界
のなかに維持されてきた<存在の平等>という価値を媒介として、下層民(サバ
ルタン)の観点から供犠倫理とデモクラシーとを接合しようとする<ヴァナキュ
ラー・デモクラシー>への動態として理解することができるのではないかと論じ
た。本発表では、拙著で提示した議論をできるだけわかりやすく論じ直してみた
い。また社会変容および民主化を議論していく上で、人類学的視点と方法はなぜ
重要なのかについて考えてみたい。

【備考】
*事前の参加予約は必要ありません。
*当日は資料代として200円いただきます。
*京都人類学研究会は京都を中心とする関西の人類学および関連分野に
 関心をもつ大学院生・研究者がその研究成果を報告する場です。
 どなたでも自由に参加いただけます。

【お問い合わせ先】
京都人類学研究会事務局:inq_kyojinken@hotmail.co.jp

京都人類学研究会2011年度代表 藤倉達郎(http://www.asafas.kyoto-u.ac.jp/

  Filed under:未分類