• ホーム
  • 大学・研究機関イベント情報

大学・研究機関イベント情報

第145回 地球研セミナー

「デジタル革命とプラネタリー・バウンダリー」

 

【開催日時】

2017年7月18日(火)13:00 – 15:00

 

【場 所】

総合地球環境学研究所 講演室(⇒アクセス)

 

【講演者】

Dr. Stephane Grumbach(Senior Scientist at INRIA, Director of IXXI, Rhône-Alpes Complex Systems Institute)

Grumbach先生は、フランス国立情報学自動制御研究所のシニア・サイアンティスト及び、Rhone-Alpes Complex Systems InstituteでIXXIのディレクターをされています。先生は、データに関するスペシャリストで、DNA塩基配列の圧縮アルゴリズムの設計や、複素数型等を研究されてきました。先生の主要な関心は、学際的なトピックスになります。そして現在の研究は、デジタル革命の崩壊について等です。また、国際的な活動にも強い関心を持ち、これまでにも中国に8年間滞在され、中国科学アカデミーで中国・ヨーロッパITラボを導いた経験もあります。

 

【要 旨】

The mastery of matter followed by energy has permitted a rapid growth of human industries, which lead to the emergence of the technosphere, a complex intertwined system of energy production, agriculture, raw material extraction, transportation and administration. The level of appropriation of natural resources by the technosphere challenges now its own sustainability. While it increasingly clearly influences earth climate and ecosystem, it also becomes more autonomous from human decisions. This characterizes the anthropocene with new boundaries and a need for alternative political answers.

Meanwhile, in the last decades, technological development has lead to the mastery of information, and as for energy the capacity to abstract it mostly from physical constraints. The impact of the digital revolution on society is radical. It complexifies the organization, increases reticulation and deepens interdependencies between actors. How does this phenomenon relates to the anthropocene? In this talk I will elaborate on the striking contemporaneity of both rapid revolutions, which both seem to rub away borders, weakening nations and established powers, leading to new asymmetries, new appropriation. Can the digital revolution be a consequence of the end of abundance?

 

【使用言語】

英 語

 

【連絡担当者】

岩崎 由美子 E-mail

  Filed under:未分類
コメントはまだありません»

No comments yet.

Leave a comment





(一部のHTMLタグを使うことができます。)
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>