• ホーム
  • 大学・研究機関イベント情報

大学・研究機関イベント情報

京都人類学研究会2月例会について、下記の通りご案内申し上げます。 どうぞふるってご参集ください。 (以下敬称略)

 

【日時】2016年2月24日(水)  18:30開演(18:00開場)

 

【会場】京都大学・総合研究2号館 AA447会議室 地図詳細:構内キャンパス34番 (http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/access/downlodemap/documents/2015/main_j.pdf)

 

 

【タイトル】「国家をかわすー現代中国における回族の自律性をめぐる考察」 【発表者】奈良 雅史 (北海道大学メディア・コミュニケーション研究院 / 助教)

 

【要旨】本発表は、中国雲南省における回族によるインフォーマルな宗教活動の事例から、現代中国における回族の自律性のあり方を論じることを目的とする。 中国では「改革・開放」以降の宗教政策緩和に伴い、宗教が急激に復興した。しか し、一方で中国政府は宗教に対する管理統制を続けており、当局と宗教集団とのあい だでコンフリクトが起きてきた。先行研究では同時期の宗教復興を国家による宗教管 理制度を前提に、国家と宗教集団とのポリティクスとして捉える傾向にあった。 しかし、本発表の事例から明らかになるのは、回族がそうしたポリティクスを志向せ ず、回避していく実践である。彼らの活動は度々当局による取り締まりを受けるが、 その際、当局に抵抗や抗議せず、活動を中止する。そのうえで、彼らは取り締まりを 受けにくい新たな形式で活動を再開する。 本発表では、こうした回族による活動の一連のプロセスを検討することで、国家への 抵抗、国家との交渉といったポリティクスに依らない、不断の動きのなかに立ち現れ る自律性のあり方を考察する。

 

【備考】 *京都人類学研究会は京都を中心とする関西の人類学および関連分野に関心をもつ研 究者・大学院生がその研究成果を報告する場です。 *事前の参加予約は必要ありません。どなたでも自由に参加いただけます。 *当日は資料代として200円いただきます。 *講演会後に懇親会を予定しております。

 

【問い合わせ先】 京都人類学研究会事務局:kyojinken2015[at]gmail.com <http://gmail.com/> ([at]を@に変えて送信してください) 京都人類学研究会2015年度運営委員 *    代表:片岡 樹 *    代表補佐:田中 雅一 * 学生幹事:一戸恒人、江端希之、金澤大、顧平原、久保田和之、向楠、島田有紗、角田彩佑里、関口慶太郎、高橋歩唯、張詩雋、Te Monyrotha、長井優希乃、藤井萌子、彭宇潔、山崎暢子、山﨑暁

  Filed under:未分類 /  Comments (0)