• ホーム
  • 大学・研究機関イベント情報

大学・研究機関イベント情報

【タイトル】
身体化の人類学から身ぶり論まで

【要旨】
身体化(embodiment)は、生のもっとも根源的な条件でありながら、文化人類学の主題として正面から取り上げられることは稀であった。本発表は二つのパートに分かれる。前半では、2013年4月に刊行された『身体化の人類学認知・記憶・言語・他者』(世界思想社)の序論で提起したもっとも困難な問題に焦点をしぼる。その問題とは、「身体化された心」(embodiedmind)に依拠して客観主義を乗り超えようとする企てがつねに自然主義とのねじれた関係に巻きこまれざるをえないということである。後半では、メルロ=ポンティが提起した、「言語は表象の伝達ではなく、表情をおびた身ぶりである」という洞察を経験的に補強することを試みる。おもな素材は、南部アフリカ狩猟採集民グイの語りにおいて生起する身ぶりである。ただし、上記の編著書ですでに公にした分析を反復することは生産的ではないので、やや視点を変えて、身ぶりを対面相互行為への参与者の関係性(relatedness)に埋めこまれた非-言説的な実践として捉える道すじを素描する。

【発表者】
菅原和孝氏(京都大学大学院人間・環境学研究科)

【コメンテーター】
佐藤和久氏(京都文教大学)

【趣旨説明】
田中雅一(京都大学人文科学研究所)

【日時】
2013年4月26日(金) 18時30分‐20時30分(18時開場)

【会場】
京都大学 大学院人間・環境学研究科棟 地下大講義室(B23)
http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/access/campus/map6r_ys.htm

【HP】
http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/news_data/h/h1/news4/2013/130426_1.htm

【備考】
* 京都人類学研究会は京都を中心とする関西の人類学および関連分野に関心をもつ研究者・大学院生がその研究成果を報告する場です。
* 事前の参加予約は必要ありません。
* どなたでも自由に参加いただけます。
* 当日は資料代として200円いただきます。

【お問い合わせ先】
京都人類学研究会事務局:kyojinken2012[at]yahoo.co.jp
[at]を@に変えて送信して下さい。
京都人類学研究会2012年度学生幹事
泉直亮 江原等子 川口博子 川崎弘朝
園田浩司 辻田香織 長岡慶 中屋敷千尋
松下綾日 宮木和 松井臣央 山口亮太
京都人類学研究会2012年度代表
高田明(http://www.asafas.kyoto-u.ac.jp/)

  Filed under:未分類 /  Comments (0)

上賀茂試験地では来る4月20日(土)に、春の自然観察会を開催します。詳細については以下のとおりです。
なお、こちらからPDF版のチラシがダウンロードできます。

内容 試験地内の自然観察
日時 平成25年4月20日(土) 9時30分~13時 (受付開始:9時 小雨決行)
場所 京都大学 フィールド科学教育研究センター 里域ステーション 上賀茂試験地
(住所:京都市北区上賀茂本山2 叡山電鉄鞍馬線・京都精華大学前駅より徒歩10分)
定員 30名(応募者多数の場合は抽選)
参加費 無料
持ち物 山歩きのできる(汚れてもいい)服装、歩きやすい靴、雨具、昼食
申し込み方法 必要事項(住所・氏名ふりがな・年齢・性別・電話番号)を明記の上、電子メール・往復はがきのいずれかの方法で申込んでください。申込み1通につき5名までの応募が可能です。(応募者全員の必要事項を必ず明記すること)
*個人情報は当自然観察会の運営のみに使用いたします。

申込み締切 平成25年4月12日(金)必着、電子メールは17時まで
申込み及び問い合わせ先
〒603-8047 京都市北区上賀茂本山2 京都大学上賀茂試験地
電子メール:kamigamokais.kyoto-u.ac.jp (件名:自然観察会申込)
TEL:075-781-2404

注意事項
・小学生以下の方が参加する場合は、保護者が必ず同伴してください。
・当日はイベント保険に加入いたしますが、加入保険の範囲を超える賠償の責任は場合によっては保障できないこともございます。予めご了承ください。
・閉門(午後2時)までの時間を利用して、各自持参した昼食をとることも可能です。
・自家用車でのご来場はお断りいたします。

  Filed under:未分類 /  Comments (0)