• ホーム
  • 大学・研究機関イベント情報

大学・研究機関イベント情報

【発表者】

信田敏宏氏(国立民族学博物館)

 

【演題】

<パブリックスケープ>の人類学――マレーシア先住民の事例――

 

【要旨】

支援のグローバル化が進む今日、国家や国連などの公式のアクターに加えて、NGOやボランティア団体、市民ネットワーク、宗教ネットワークなどの非公式のアクターによる支援活動は、人類学が伝統的に調査研究のフィールドとしてきた世界各地の周辺地域にまで及び、人びとの生活や人間関係、自己認識や他者認識に大きな影響を与えている。マレーシアの先住民オラン・アスリの社会でも、近年、公的支援に加えて、NGOによる支援活動が活発化し、次第にNGO活動や先住民運動に関わる人びとが増えはじめており、血縁や地縁に基づく従来の関係性に変化が生じている。本発表では、公式/非公式のアクターが介在し、人びとの関係性が活性化しているフィールドの状況を、アパデュライの「スケープ論」を援用した「パブリックスケープ(公共景観)」という概念によって対象化する試みを紹介する。その上で、多様なアクターが媒介する新たな人間関係の形成や人びとの世界認識の変容といった「パブリックスケープ」に見られる諸現象を人類学的に解明していく糸口を探っていきたい。

 

【コメンテーター】

藤倉達郎氏(京都大学)

 

【日時】

2012年11月22日(木) 18:30-20:30(18:00開場)

 

【会場】

京都大学 総合研究2号館 4階会議室(AA447)

http://www.asafas.kyoto-u.ac.jp/about/access.html

 

【備考】

* 京都人類学研究会は京都を中心とする関西の人類学および関連分野に関心をもつ研究者・大学院生がその研究成果を報告する場です。

* 事前の参加予約は必要ありません。

* どなたでも自由に参加いただけます。

* 当日は資料代として200円いただきます。

 

【お問い合わせ先】

京都人類学研究会事務局:kyojinken2012@yahoo.co.jp

京都人類学研究会2012年度学生幹事

泉直亮 江原等子 川口博子 川崎弘朝

園田浩司 辻田香織 長岡慶 中屋敷千尋

松下綾日 宮木和 松井臣央 山口亮太

京都人類学研究会2012年度代表

高田明(http://www.asafas.kyoto-u.ac.jp/

  Filed under:未分類 / 
上賀茂試験地では来る11月17日(土)に、秋の自然観察会を開催します。詳細については以下のとおりです。
 
 
なお、こちらからPDF版のチラシがダウンロードできます。
 
 
【内容】

 

試験地内の自然観察

 
【日時】

 

 
平成24年11月17日(土) 10時~15時 (受付開始:9時30分 小雨決行)
 
 
【場所
 
京都大学 フィールド科学教育研究センター 里域ステーション 上賀茂試験地
(住所:京都市北区上賀茂本山2 叡山電鉄鞍馬線・京都精華大学前駅より徒歩10分)
 
 
【定員】
 
30名(応募者多数の場合は抽選)
 
参加費
無料(ただし、イベント保険料として50円徴収します。)
 
持ち物
山歩きのできる(汚れてもいい)服装、歩きやすい靴、雨具、昼食
 
 
【申し込み方法】
 
必要事項(住所・氏名ふりがな・年齢・性別・電話番号)を明記の上、往復はがき・電子メールのいずれかの方法で申込んでください。申込み1通につき5名までの応募が可能です。(応募者全員の必要事項を必ず明記すること)
*個人情報は当自然観察会の運営のみに使用いたします。
 
 
【申込み締切】
 
平成24年11月9日(金)必着、電子メールは17時まで
 
 
【申込み及び問い合わせ先】
 
〒603-8047 京都市北区上賀茂本山2 京都大学上賀茂試験地
 
 
電子メール:kamigamo@kais.kyoto-u.ac.jp(件名:自然観察申込) 
 
TEL:075-781-2404
 
 
【注意事項】
 
・小学生以下の方が参加する場合は、保護者が必ず同伴してください。
・当日はイベント保険に加入いたしますが、加入保険の範囲を超える賠償の責任は場合によっては保障できないこともございます。予めご了承ください。
・自家用車でのご来場はお断りいたします。
  Filed under:未分類 /