• ホーム
  • 大学・研究機関イベント情報

大学・研究機関イベント情報

上賀茂試験地では来る4月28日(土)に、春の自然観察会を開催します。詳細については以下のとおりです。
なお、こちらからPDF版のチラシがダウンロードできます。

内容:試験地内の自然観察
日時:平成24年4月28日(土) 9時30分~13時 (受付開始:9時 小雨決行)
場所:京都大学 フィールド科学教育研究センター 里域ステーション 上賀茂試験地
(住所:京都市北区上賀茂本山2 叡山電鉄鞍馬線・京都精華大学前駅より徒歩10分)
定員:30名(応募者多数の場合は抽選)
参加費:無料(ただし、イベント保険料として50円徴収します。)
持ち物:山歩きのできる(汚れてもいい)服装、歩きやすい靴、雨具
申し込み方法:必要事項(住所・氏名ふりがな・年齢・性別・電話番号)を明記の上、往復はがき・電子メールのいずれかの方法で申込んでください。申込み1通につき5名までの応募が可能です。(応募者全員の必要事項を必ず明記すること)
*個人情報は当自然観察会の運営のみに使用いたします。

申込み締切:平成23年4月16日(月)必着、電子メールは17時まで
申込み及び問い合わせ先
〒603-8047 京都市北区上賀茂本山2 京都大学上賀茂試験地
電子メール:kamigamokais.kyoto-u.ac.jp (件名:自然観察会申込)
TEL:075-781-2404
注意事項
・小学生以下の方が参加する場合は、保護者が必ず同伴してください。
・当日はイベント保険に加入いたしますが、加入保険の範囲を超える賠償の責任は場合によっては保障できないこともございます。予めご了承ください。
・閉門(午後2時)までの時間を利用して、各自持参した昼食をとることも可能です。
・自家用車でのご来場はお断りいたします。

  Filed under:未分類 / 

京都人類学研究会4月例会について、下記のとおりご案内申し上げます。
奮ってご参集ください。コメンテータにつきましては、決まり次第お知らせ致します。

【演題】
「暦が停止するとき」

【発表者】
浜本満氏(九州大学人間環境学研究院)

【日時と場所】
日時:2012年4月23日(月) 18:00開場 18:30開始
場所:京都大学 総合研究2号館 4階会議室(AA447)

会場までの道のりは、以下のアクセス・マップをご覧下さい。
http://www.asafas.kyoto-u.ac.jp/about/access.html

【発表要旨】
 ドゥルマ(ケニア・コーストプロビンス)の間では4日で一周する「週」が用いられていた。2011年の夏、調査地を訪れた私はそれが完全に消滅していることを知った。誰も今日がドゥルマ週の何曜日か、答えられなくなっていたのである。
 毎年、私は調査地に入ると、今日が何曜日かを人に尋ね、ドゥルマの曜日を使って日誌をつけていた。それがこの年には、1983年以来はじめて不可能だったのである。
 考えてみてほしい。今から一年後にここに居る誰もが、今日が何曜日か言えなくなってしまうという可能性を。とてもありえそうにない。
 私は一年前にはドゥルマの週がなくなるなんて考えてもいなかった。それゆえこの変化は恐ろしく唐突なものに感じた。当のドゥルマの人々自身が、あらためて自分だけでなく自分たちの周囲にも今日が何曜日か知っている人がいないという事実を気まずく感じている風だった。
 これは一つの社会的制度や事実が、どのようなものによってリアリティを持ち続けることが出来るのかという問題を改めて私に考えさせた。ANT(Actor Network Theory)の一つの主張を体感できたような気がした。しかし同時に、ANTが前提としていながら、十分な注意を払ってはいない一つのプロセスにも気づかされた。人々の間での知識や信念の相互参照実践のプロセスである。Dennettが志向性のレベルとして問題にし、Tomaselloがrecursive mind reading と名づけているようなこのプロセスがはらんでいる問題を、人類学ではおなじみの特定の集団の人々が「共有している信念」をめぐる問題系との関連で、考え直してみたい。

【備考】
* 京都人類学研究会は京都を中心とする関西の人類学および関連分野に関心をもつ研究者・大学院生がその研究成果を報告する場です。
* 事前の参加予約は必要ありません。
* どなたでも自由に参加いただけます。
* 当日は資料代として200円いただきます。

【お問い合わせ先】
京都人類学研究会事務局:inq_kyojinken[at]hotmail.co.jp
[at]を@に変えて送信して下さい。

京都人類学研究会2011年度学生幹事

安念真衣子 泉直亮 薄さやか 康陽球 北川了次 園田浩司
高田洋平 佃麻美 長岡慶 萩原卓也 二ツ山達朗
丸山大介 溝内克之 山口亮太 吉澤あすな

京都人類学研究会2011年度代表

藤倉達郎(http://www.asafas.kyoto-u.ac.jp/

  Filed under:未分類 /