• ホーム
  • 大学・研究機関イベント情報

大学・研究機関イベント情報

京都人類学研究会3月例会について、下記のとおりご案内申し上げます。
奮ってご参集くださいますよう、お願いいたします。

【演題】
呪いには虫の糞がよく効く-日常と呪術の境界から

【発表者】
東賢太朗氏(名古屋大学大学院文学研究科)

【コメンテータ】
常田夕美子氏(大阪大学グローバルコラボレーションセンター)

【日時と場所】
日時:2012年3月29日(木) 18:00開場 18:30開始
場所:京都大学 総合研究2号館 4階会議室(AA447)

会場までの道のりは、以下のアクセス・マップをご覧下さい。
http://www.asafas.kyoto-u.ac.jp/about/access.html

【発表要旨】
「呪術とは何か?」という謎に取り組む上で、それが日常的実践の一形態であるとする方向付けは、呪術の他者性を過度に強調して描こうとしたり、近代やグローバル化という大きな物語に回収しようとする欲望を回避するためには効果的だろう。その上で、もう一度問いかけてみたい。呪術は日常的実践なのだろうか、と。

たしかに、Favret=Saada[1980]が「そんなはずはない、だがしかし…」という言明に寄せたように、私たちの日常のあちこちには呪術が現れる契機が偏在している。誰かが何かを恐れたり何かを願ったりするときに、神や精霊や超自然など、合理的な思考の枠組みには収まりきらないものへの想像力が発動することはとくに珍しいことではない。日常とは、むしろそのような呪術的想像力に彩られながら、合理と非合理、世俗と超越を含みこんで成立している。その点では、日常から呪術を切り離し、隔たったものとして扱う必然性はどこにもない。発表者自身も同様の観点から、特に呪術の経験や感覚という「実体性」に注目し、そのアイロニカルな心意作用が日常と非日常の差異を無化してしまうプロセスに注目して
きた[東 2011]。

だがしかし、当然ながらすべての日常的実践が呪術的であるわけではない。私たちの日常は、多くの場合日々の淡々とした、自明な行為の繰り返しによって構成されている。そのような日常の自明性のなかに、突然呪術的な想像力が動き出すのである。その想像力は、強ければ強いほど普段は自明視していた世界のあり方を異化し、異なった世界の中でのみ妥当だと思われる呪術的実践へと展開していくかもしれない。日常における呪術的な想像力の発動、また日常的実践から呪術的実践への移行というプロセスにおいて、いかにして日常と呪術は結びついているのか。「日常的実践としての呪術論」が回避しがちなこの問いについて、本発表では取り組んでみたい。

そのために、これまで発表者の呪術論において扱いきることのできなかった特殊事例を取り上げたい。フィリピン地方都市のある1名の女性呪医は、他の呪医の病治しと比較して明らかに奇異にみられる呪術的治療を行っている。発表では、患者にとっては受け入れがたい呪術的な世界観や民間医療の体系が、「物語り」によってコンテクスト化され、行為によって「真理化」されていくプロセスを、いくつかの治療の現場から微視的に描写してみたい。その上で、日常と呪術を架橋する決定的要因としての「希望」について、考察を試みる。

東賢太朗 2011 『リアリティと他者性の人類学―現代フィリピン地方都市における呪術のフィールドから』三元社
Favret-Saada, J. 1980 Deadly Words: Witchcraft in the Bocage.
Catherine Cullen trans. Cambridge: Cambridge University Press.

【備考】
* 京都人類学研究会は京都を中心とする関西の人類学および関連分野に関心をもつ研究者・大学院生がその研究成果を報告する場です。
* 事前の参加予約は必要ありません。
* どなたでも自由に参加いただけます。
* 当日は資料代として200円いただきます。

【お問い合わせ先】
京都人類学研究会事務局:inq_kyojinken[at]hotmail.co.jp
[at]を@に変えて送信して下さい。

京都人類学研究会2011年度学生幹事

安念真衣子 泉直亮 薄さやか 康陽球 北川了次 園田浩司
高田洋平 佃麻美 長岡慶 萩原卓也 二ツ山達朗
丸山大介 溝内克之 山口亮太 吉澤あすな

京都人類学研究会2011年度代表

藤倉達郎(http://www.asafas.kyoto-u.ac.jp/

  Filed under:未分類 / 

 21世紀に入り早くも10年が過ぎました。その間に社会、経済を始め、我々の生活に関連したあらゆる分野で世紀を隔する大きな変化が起きているように感じられます。その根底には20世紀における科学・技術の発展がもたらした経済成長があり、東西冷戦の終了後のグローバリズムの急速な進行があり、地球環境問題の顕在化があります。現在我々が直面している多くの問題は他の問題と相互に複雑に関連し、それぞれ個別に解決することが難しくなってきています。また、グローバルな視点とローカルな視点を同 時に持って解決しなければならなくなっています。そして、今年3月に発生した巨大地震と原発事故は社会、経済のあり方のみならず、我々の生き方についても大きな問題を投げかけています。このような時期に、今後人類・社 会が向うべき方向やそのための方法について改めて議論することは大変 有意義であると考えます。
 2009年度より開催しております本連続公開シンポジウムは、一昨年度に「これからの教育を考える」、「これらの医療と生物学」、「これからの地球 環境と経済」の3つのテーマを取り上げました。
 昨年度は、「発展途上地域 の自立的発展に向けて」、「再生医療と人類の未来」、「科学・技術と人類 の未来」の3つのテーマを取り上げました。
 今年度はこれらに並ぶ重要課 題として、「イノベーションと雇用」、「インターネットと人類の未来」、「未来は どこまで予測可能か?」、「新たなる価値の創造に向けて」の4つのテーマを 取り上げ、それぞれのテーマに対して広い見識と深い造詣をお持ちの 方々にご講演を御願いし、ご討論を頂くことといたしました。
 ぜひ多くの皆様に本シンポジウムにご参加いただき、議論を通して人類・社会の新たなる 発展にともに貢献したいと考えております。

■■■シンポジウムコーディネーター■■■

所眞理雄 
慶應義塾大学大学院理工学研究科 特任教授(ソニー寄附講座)
(株)ソニーコンンピューターサイエンス研究所 代表取締役 会長

■■■第3回シンポジウム■■■

【日時】2012年3月2日(金)開始:18:00- (開場:17:30-)
【会場】慶應義塾大学 日吉キャンパス 協生館 藤原洋記念ホール

テーマ:新たなる価値の創造に向けて
竹村 真一(京都造形芸術大学 教授 Earth Literacy Program代表)
小泉 英明(株式会社日立製作所 役員待遇フェロー)

参加費: 無料(事前申込制)
参加登録はこちらまで

https://www.koukai-sympo.net/

問い合せ先: 慶應義塾大学ソニー寄附講座事務局
E-mail  koukai-sympo(at)adst.keio.ac.jp
 ※メール送信の際は、「(at)」を「@」に変更してください
主催: 慶應義塾大学「イノベーション創出戦略マネジメント講座(ソニー寄附講座)」

  Filed under:未分類 / 

【東南アジアで増大する洪水リスクと食料・健康への影響】

地球研「東南アジアにおける持続可能な食料供給と健康リスク管理の流域設計」プロジェクトでは、下記の要領で国際シンポジウムを開催いたします。
本シンポジウムでは、東南アジア諸国から食料・災害関連分野の専門家を招き、自然災害と食料・健康に関わる問題を議論します。基調講演には水災害・リスクマネジメント国際センター(ICHARM)・センター長の竹内邦良氏をお招きします。
みなさまのご参加をお待ちしております。

日  時: 2012年3月1日(木)13:30-17:30
場  所: 総合地球環境学研究所 講演室 (アクセス)
備 考: チラシ(PDF)

【趣 旨】
2011年10月に発生したタイ・チャオプラヤでの大洪水に象徴されるように、近年アジア諸国では著しい人口増加と経済成長の影の側面として、大規模な洪水や土砂災害などの自然災害が多発しています。この背景には、長期にわたる上流域での森林伐採に加えて経済発展に伴う土地利用の変化があり、その結果、各国の食糧安全保障は脅かされ、下流域の大都市圏ではさまざまな経済損失や健康被害がもたらされていると想定されます。
そこで本シンポジウムでは、タイ、インドネシア、ベトナム、マレーシア、フィリピンなど東南アジア主要国での自然災害の実態と要因を明らかにするとともに、食料・健康への影響と問題解決に向けての取り組みについて検討します。なお本シンポジウムは、総合地球環境学研究所にて実施中の国際共同研究プロジェクト「東南アジアにおける持続可能な食糧供給と健康リスク管理の流域設計」の中間成果報告を兼ねています。各国から食料・災害の専門家・実務家を招いて、緊急を要するこれらの問題解決への道筋とリスク管理のあり方について皆様とともに考えたいと思います。

【プログラム】
13:30 開会挨拶 / Welcome: Dr. Yo-Ichiro Sato (Deputy Director-General, RIHN)

I. 基調講演 / Keynote Addresses
1.1. “Increasing Flood Risk and Available Managerial Options in Southeast Asia”

Dr. Kuniyoshi Takeuchi (Director, International Center for Water Hazard and Risk Management (ICHARM), Tsukuba, Japan)

1.2. “Impacts of Increasing Flood Risk on Food & Health Security in Southeast Asia”

Dr. Ryohei Kada (Professor and Project Leader, Research Institute for Humanity and Nature, Kyoto, Japan)
 
14:30 II. 東南アジア各国からの報告 / Presentations from Southeast Asian Countries
<タイ>
“Increasing Flood Risk in Thailand: Causes and Solutions”

Dr. Weeraphart Khunrattanasiri (Asst. Professor, Department of Forest Management, Kasetsart University, Thailand)

<フィリピン>
“Floods and Environmental Degradation: Their Effects on Food Security in the Philippines”

Dr. Robert Rañola, Jr. (Professor, Department of Resource Economics and Management, University of the Philippines, Los Baños)

<フィリピン>
“The epidemiology of disasters in the Philippines: Focus on typhoons, flooding and health”

Dr. Noel R. Juban (Chair and Professor, Department of Clinical Epidemiology, University of the Philippines, Manila)

<ベトナム>
“Increasing Flood and Risks of Environmental Degradation in Danang City, Vietnam”

Dr. Tran Van Quang (Dean and Professor, Faculty of Environment, Danang University of Technology, Vietnam)

<インドネシア>
“Increasing Environmental Risks and Food Security in Indonesia”

Dr. Bustanul Arifin (Professor of Agricultural Economics, University of Lampung (UNILA), Indonesia)

<マレーシア>
“Sustainable Agricultural Development in Malaysia with Special Reference to Food Security and Natural Disasters”

Dr. Gamini Herath (Professor, School of Business, Monash University, Sunway Campus, Kuala Lumpur, Malaysia)

コメント / Comments

Dr. Kaoru Takara (DPRI, Kyoto University); Dr. Toshichika Iizumi (NIAES); Dr. Katsuya Tanaka (Shiga Unniversity)
 
16:45 III. パネルディスカッション / Panel Discussion
Coordinator: Dr. Bam H.N. Razafindrabe (RIHN)
17:30 閉会 / Closing Remark: Dr. Ryohei Kada

【問合せ】
増田忠義(総合地球環境学研究所プロジェクト上級研究員)
総合地球環境学研究所 
〒603-8047 京都市北区上賀茂本山457番地4
TEL:075-707-2256 
FAX:075-707-2506
E-mail:tmasuda@chikyu.ac.jp
http://www.chikyu.ac.jp/archive/topics/2012/symposium_120301_annai.html

  Filed under:未分類 /