• ホーム
  • 大学・研究機関イベント情報

大学・研究機関イベント情報

京都人類学研究会10月例会について、下記のとおりご案内申し上げます。
奮ってご参集くださいますよう、お願いいたします。

【演題】
「地域で育てる、地域をつなぐ文化人類学的教育・研究・地域連携活動」

【発表者】
森正美氏(京都文教大学人間学部文化人類学科)

【日時と場所】
日時:2011年10月27日(木) 18:00開場 18:30開始
場所:京都大学 総合研究2号館 4階会議室(AA447)

会場までの道のりは、以下のアクセス・マップをご覧下さい。
http://www.asafas.kyoto-u.ac.jp/about/access.html

【発表要旨】
 報告者は,京都府宇治市の京都文教大学文化人類学科の教員として、2000年から宇治市内でのフィールドワークを実施してきた.その活動の目的や経緯については2007年の『文化人類学』(72/2)の「地域連携」特集内の「「地域で学ぶ、地域でつなぐ-宇治市における文化人類学的活動と教育の実践-」で論じた.
 今回の報告では,その後の展開内容や課題などを紹介し,他者との関係を結ぶことそのものに困難を感じる学生たちをも対象とした,文化人類学の専門性を生かした教育研究のあり方について参加者と共に考えたい.
 具体的には,(1)教育手法としての「プロジェクト型学習」と文化人類学のフィールドワーク教育の連続性と可能性,(2)宇治市が「重要的文化景観」の指定を受け,文化・総合政策的に転換する過程に行政委員として関与している経験に基づき,文化人類学に何が求められているのか/できるのかを報告の手がかりとしたい.

【備考】
* 京都人類学研究会は京都を中心とする関西の人類学および関連分野に関心をもつ研究者・大学院生がその研究成果を報告する場です。
* 事前の参加予約は必要ありません。
* どなたでも自由に参加いただけます。
* 当日は資料代として200円いただきます。

【お問い合わせ先】
京都人類学研究会事務局:inq_kyojinken[at]hotmail.co.jp
[at]を@に変えて送信して下さい。

京都人類学研究会2011年度学生幹事

安念真衣子 薄さやか 康陽球 北川了次 園田浩司
高田洋平 佃麻美 長岡慶 萩原卓也 丸山大介
溝内克之 山口亮太 吉澤あすな

京都人類学研究会2011年度代表

藤倉達郎(http://www.asafas.kyoto-u.ac.jp/

  Filed under:未分類 / 

上賀茂試験地では来る10月15日(土)に、秋の自然観察会を開催します。
詳細については以下のとおりです。

内容:試験地内で行う自然観察、標本館や見本林の見学、落ち葉や木の実を使った工作
日時:平成23年10月15日(土) 10時00分~15時 (受付開始:9時30分 小雨決行)
場所:京都大学 フィールド科学教育研究センター 里域ステーション 上賀茂試験地
定員:30名(応募者多数の場合は抽選)
対象:一般の方々(ご家族での参加も歓迎いたします)
*小学生以下の方が参加する場合は、保護者が必ず同伴してください。
参加費:無料(ただし、イベント保険料として50円徴収します。)
持ち物:山歩きのできる(汚れてもいい)服装、歩きやすい靴、雨具、昼食
申し込み方法:必要事項(住所・氏名ふりがな・年齢・性別・電話番号)を明記の上、往復はがき・電子メールのいずれかの方法で申込んでください。申込み1通につき5名までの応募が可能です。(応募者全員の必要事項を必ず明記してください。)
*個人情報は当自然観察会の運営のみに使用いたします。

申込み締切:平成23年9月30日(金)当日消印有効、電子メールは17時まで
結果は締切翌週にお知らせします。

申込み及び問い合わせ先:〒603-8047 京都市北区上賀茂本山2 京都大学上賀茂試験地
電子メール:kamigamo@kais.kyoto-u.ac.jp (件名:自然観察会申込)
TEL:075-781-2404

アクセス:叡山電鉄鞍馬線「京都精華大学前」駅下車徒歩10分、京都バス40又は50系統 「京都精華大学前」下車徒歩10分
(※自家用車でのご来場はお断りいたします。)

注意事項:当日はイベント保険に加入いたしますが、加入保険の範囲を超える賠償の責任は場合によっては保障できないこともございます。予めご了承ください。

チラシPDFはこちら
http://fserc.kyoto-u.ac.jp/kami/kansatsu2011_autumn.pdf

公式サイト
http://fserc.kyoto-u.ac.jp/kami/event11.html

  Filed under:未分類 / 

 21世紀に入り早くも10年が過ぎました。その間に社会、経済を始め、我々の生活に関連したあらゆる分野で世紀を隔する大きな変化が起きているように感じられます。その根底には20世紀における科学・技術の発展がもたらした経済成長があり、東西冷戦の終了後のグローバリズムの急速な進行があり、地球環境問題の顕在化があります。現在我々が直面している多くの問題は他の問題と相互に複雑に関連し、それぞれ個別に解決することが難しくなってきています。また、グローバルな視点とローカルな視点を同 時に持って解決しなければならなくなっています。そして、今年3月に発生した巨大地震と原発事故は社会、経済のあり方のみならず、我々の生き方についても大きな問題を投げかけています。このような時期に、今後人類・社 会が向うべき方向やそのための方法について改めて議論することは大変 有意義であると考えます。
 2009年度より開催しております本連続公開シンポジウムは、一昨年度に「これからの教育を考える」、「これらの医療と生物学」、「これからの地球 環境と経済」の3つのテーマを取り上げました。
 昨年度は、「発展途上地域 の自立的発展に向けて」、「再生医療と人類の未来」、「科学・技術と人類 の未来」の3つのテーマを取り上げました。
 今年度はこれらに並ぶ重要課 題として、「イノベーションと雇用」、「インターネットと人類の未来」、「未来は どこまで予測可能か?」、「新たなる価値の創造に向けて」の4つのテーマを 取り上げ、それぞれのテーマに対して広い見識と深い造詣をお持ちの 方々にご講演を御願いし、ご討論を頂くことといたしました。
 ぜひ多くの皆様に本シンポジウムにご参加いただき、議論を通して人類・社会の新たなる 発展にともに貢献したいと考えております。

■■■シンポジウムコーディネーター■■■

所眞理雄 
慶應義塾大学大学院理工学研究科 特任教授(ソニー寄附講座)
(株)ソニーコンンピューターサイエンス研究所 代表取締役 会長

■■■第1回シンポジウム■■■

【日時】2011年10月14日(金)開始:18:00- (開場:17:30-)
【会場】慶應義塾大学日吉キャンパス協生館藤原洋記念ホール

テーマ:イノベーションと雇用
清家 篤(慶應義塾大学商学部 教授・慶應義塾長)
石倉 洋子(慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科 教授)

参加費: 無料(事前申込制)
参加登録はこちらまで

https://www.koukai-sympo.net/

問い合せ先: 慶應義塾大学ソニー寄附講座事務局
E-mail  koukai-sympo(at)adst.keio.ac.jp
 ※メール送信の際は、「(at)」を「@」に変更してください
主催: 慶應義塾大学「イノベーション創出戦略マネジメント講座(ソニー寄附講座)」

  Filed under:未分類 / 

  2011年10月12日(水)、東京ベイ有明ワシントンホテル アイリスの間において「第6回フルラス記念先端セラミックスシンポジウム」を開催いたします。
  これは、同年10月12日(水)から14日(金)まで東京ビックサイトにおいて開催される国際セラミックス総合展http://www.ceramic-expo.jp/に因み時期を併せて開催するものです。
 近年、地球規模でのエネルギー問題、環境問題は最重要課題として取り上げられるようになってきました。
 そんな中、今年3月の東日本大震災を機に、原子力発電の見直しや、それに伴う代替え発電を含めた総合的なエネルギー戦略の見直しが急務になっています。
 一方、弱体化が進む日本産業の中で、再生可能エネルギーの代表であり、日本が実用化の先鞭を付けた太陽電池は、関連する日本企業が、生産量の世界ランキング上位から消え去っています。
 まさに”がんばろう日本”の意気込みで日本の力を結集して再起をはからなければいけない時だと思います。
 6回目を迎える「フルラス記念・先端セラミックスシンポジウム」ですが、今回は、この問題に対して、材料技術者として、セラミックス技術者としてどのような貢献ができるのかにフォーカスしました。
 課題や将来の可能性について、一緒に考えるきっかけとなることを期待しています。
 ご多忙の折、たいへんお世話になりますが、ぜひご参加いただきたくお願い申し上げます。
 また、ご知友のご関連の方々,関心をお持ちの方々にもお気軽にお勧めいただければ幸いです。

第6回フルラス記念先端セラミックスシンポジウム
6th Fulrath International Symposium on Advanced Ceramics

テーマ:エネルギー・環境分野での新たな課題と可能性
日時: 2011年10月12日(水) 9時会場~ 17時30分閉会
会場: 東京ベイ有明ワシントンホテル アイリスの間 http://www.ariake-wh.com/access/

主催: フルラス・岡崎記念会
共催: 公益社団法人 日本セラミックス協会
協賛: (財)ファインセラミックスセンター, (社)日本ファインセラミックス協会, フジサンケイビジネスアイ

参加費: 5,000円(要旨集含む)
参加申し込みサイト http://www.tic-mi.com/6th_fulrath/index.php
講演プログラム http://www.tic-mi.com/6th_fulrath/program.htm

■テーマ エネルギー・環境分野での新たな課題と可能性

■プログラム (特別講演: 3件, 招待講演: 5件, 一般講演: 3件)
9:30-9:40 開会の辞
フルラス・岡崎記念 会長 一ノ瀬 昇

9:40-10:20 特別講演 レアメタル・レアアースを取り巻く最近の状況と対応
経済産業省 製造産業局 非鉄金属課課長補佐 川渕 英雄,

10:20-11:00 招待講演 電気自動車用二次電池技術の動向と今後の展開
オートモーティブエナジーサプライ(株)開発部エグゼクティブエキスパート 内海 和明

11:00-11:40 特別講演 量子ドット型太陽電池の現状
東京大学先端科学技術研究センター 教授 岡田 至崇

11:40-12:20 招待講演 ナノ光触媒材料技術:可能性への挑戦
物質・材料研究機構 環境・エネルギー材料部門 環境再生材料ユニットユニット長 葉 金花

12:20-13:20 昼食

13:20-14:00 特別講演 放射性廃棄物の処理・処分
東京大学大学院工学系研究科原子力専攻 教授 長崎 晋也

14:00-14:40 招待講演 JFCCにおけるエネルギー・環境分野への取り組み
JFCC 材料技術研究所 所長代理 松原 秀彰

14:40-15:20 招待講演 高温領域における熱電素子とその応用について
(株)TES ニューエナジー 取締役 舟橋 良次

15:20-16:00 招待講演 圧電薄膜を用いたMEMS振動エナジーハーベスト
京都大学大学院工学研究科 マイクロエンジニアリング専攻 准教授 神野 伊策

16:00-16:10 休憩

16:10-16:40 一般講演 高信頼性軸受用Si3N4セラミックスの開発
横浜国立大学工学部物質工学科 准教授 多々見 純一

16:40-17:00 一般講演 熱膨張可変酸化物とその結晶構造
パナソニック(株) 先端技術研究所 主任研究員 表 篤志

17:00-17:20 一般講演 低損失複合ペロブスカイト誘電体の誘電損失
パナソニック エレクトロニックデバイス(株) 開発本部材料デバイス開発センター 基盤材料グループ 主任技師 古賀 英一

17:20-17:30 閉会の辞
フルラス・岡崎記念会 副会長 岡本 明

※講演者・演題は予告なく変更になる場合があります。

■シンポジウム実行委員: 今中佳彦 (株)富士通研究所 ,大橋直樹 (独)物質・材料研究機構

■お問い合わせ: フルラス・岡崎記念会 事務局
〒601-8011 京都市南区東九条南山王町36 (株)ティー・アイ・シィー編集部内
Tel.075-693-1533 Fax.075-693-1534 E-mail fulrath@tic-mi.com
ご希望の方は下記内容をE-Mailにていただいて受け付けております.

参加申し込み
E-mail: sympo@tic-mi.com
フルラス・岡崎記念会事務局 宛

◎第6回フルラス記念先端セラミックスシンポジウムへの参加登録を申込みます.と記して頂き下記内容と共にE-mailにて送信下さい。
◎お名前
◎所属
◎連絡先住所
◎電話
◎E-mail

  Filed under:未分類 /