• ホーム
  • 大学・研究機関イベント情報

大学・研究機関イベント情報

【日時と場所】
日時:2011年3月25日(金)18:00開場 18:30開始
場所:京都大学文学研究科新館2階第6講義室
会場までの道のりは、以下のアクセス・マップをご覧下さい。
http://www.bun.kyoto-u.ac.jp/about/access/
※終了後懇親会を予定しております。ぜひご参加ください。

【演題】「トランスナショナルに生活するフィリピン人と出会う、そして今後」

【発表者】永田貴聖(立命館大学先端総合学術研究科 研究指導助手)
【討論者】石井正子 (大阪大学 グローバルコラボレーションセンター 特任准教授)

【要旨】
本報告では、3月に出版された拙著『トランスナショナル・フィリピン人の民族誌』(ナカニシヤ出版)の内容を踏まえ、日比間の国境を越えた社会関係拡大の続きとなるだろう、日本国籍及び、日本での在留資格を取得できるようなった「新しい」フィリピン人たちへの調査について議論する。
具体的には、人類学者がどのように人々と関係するのか、調査枠組み、方法論についての展望を検討する予定である。
本研究は、80年代以降、多くのフィリピン人たちが日本、フィリピン間を移動し続け、日本人、フィリピン人双方と、国境を越えて社会関係を構築していく過程を来日するフィリピン人たちの時代や、世代ごとの社会関係の移り変わりを明らかにすることを目指している。
特に、報告者がこれまで実施した、集団により来日するのではなく、日本人との親族関係を活用し、個人を単位として来日するフィリピン人の特徴を把握するため「個人を中心とする民族誌」を記述するため調査を実施した以降の動向について議論する。

【備考】
*事前の参加予約は必要ありません。
*当日は資料代として200円いただきます。
*京都人類学研究会は京都を中心とする関西の人類学および関連分野に関心をもつ大学院生・研究者がその研究成果を報告する場です。
どなたでも自由に参加いただけます。

【お問い合わせ先】
京都人類学研究会事務局
inq_kyojinken@hotmail.co.jp
泉直亮、野口真理子、山本佳奈、安念真衣子、濱谷真理子、平田生子、神本秀爾、黒田さくら、長谷川アリスン江実、朴眞煥、嶺崎由美子、安井大輔
京都人類学研究会代表 松田 素二

  Filed under:未分類 / 

Japan Academy of Midwifery in NAGOYA 2011
会 期:2011年3月5日(土)・6日(日) [2日間]
テーマ:未来に継ぐ助産学 -助産の知と技、精神-
会 長:北川 眞理子
名古屋市立大学大学院看護学研究科 性生殖看護学・助産学分野教授
予定プログラム:
プレコングレス:2011年3月4日(金)
学術集会:2011年3月5日(土)・6日(日)
懇親会:2011年3月5日(土)夜
会 場:名古屋国際会議場
〒456-0036 名古屋市熱田区熱田西町1番1号
TEL:052-683-7711/FAX:052-683-7777
 http://www.nagoya-congress-center.jp/

主 催:日本助産学会
〒111-0054 東京都台東区鳥越2-12-2日本助産師会館3階
TEL&FAX:03-3866-3032
 http://square.umin.ac.jp/jam/

御挨拶
第25回学術集会会長 北川眞理子
今回の学術集会は、「未来に継ぐ助産学 -助産の知と技、精神-」をメインテーマに名古屋で開催いたします。助産論がより体系化され「学」として位置づけられて22年目を迎えます。
助産師が培ってきた助産術は、産む女性と新しい家族に捧げる「生きる・産む・子どもを育てる」技であり、たゆみない助産師の精神が守り育ててきたものともいえます。
助産師が専門職として判断し、ケアするにあたっての拠り所は、根拠となる学問的に裏付けされた知識と技、そして助産師としての倫理観・精神であります。助産師は実践上の疑問に対して探究し、助産師の判断や助産ケアに有効な、そして対象に有益となるものを引き出して行くことが重要であり、それがひいては助産学の発展に繋がるといえます。今、私たち助産師は先人から引き継いだ助産をさらに発展させ、助産の知と技、そして助産の精神を未来に継承していきたいものです。
第25回学術集会の主要プログラムは招聘講演、特別講演、公開教育講演、シンポジウム、ワークショップ、一般演題(口演・ポスター)、ランチョンセミナー等を計画しています。
日本助産学会は、平成22年度総会において承認のもと、この5月に登記が行われ、一般社団法人日本助産学会と任意団体から一般社団法人へ移行しました。公益となる活動を一段と期待されることになります。
一般社団法人日本助産学会は、助産師の皆様に広く門戸を開きます。会員手続きがお済みでない方は日本助産学会ホームページ内の「入会案内」をご覧ください。皆様が多くご参加くださいますよう、私たち第25回日本助産学会学術集会企画委員・実行委員を代表してご挨拶申しあげるとともに、委員一同心よりお待ちしております。
「入会案内」
http://square.umin.ac.jp/jam/nyuukai.html

第25回日本助産学会学術集会の詳細は、下記URLをご覧下さい。
http://www.secretariat.ne.jp/jam2011/

  Filed under:未分類 / 

日本バイオインフォマティクス学会関西地域部会
第10回バイオメディカル研究会
~バイオメディカルイノベーションへの道標~
 
■日時:平成23年3月5日(土)13:00~17:00
■場所:大阪大学中ノ島センター 10F 佐治敬三メモリアルホール 
     http://www.onc.osaka-u.ac.jp/
■主催:日本バイオインフォマティクス学会 関西地域部会
■共催:NPO法人バイオグリッドセンター関西
京都大学大学院薬学研究科 システム創薬科学講座
■参加費:無料(参加予定人数:180名程度)ただし懇親会は有料(参加費 5,000円)
■申込方法:参加者氏名、所属、電話番号、メールアドレス、懇親会参加の有無を明記の上、bmjimu@gmail.com まで電子メールでお申込下さい。 
■申込締切:平成23年2月25日(金)*定員になり次第、締め切ります。
■プログラム:
13:00 開会挨拶 奥野 恭史(関西地域部会長:京都大学大学院薬学研究科・教授)
13:05 講演1(質疑応答10分含)
「タンパク質の相互作用部位の構造比較から見る機能予測の問題点」
金城 玲先生(大阪大学蛋白質研究所情報科学研究系・准教授)
13:45 講演2(質疑応答5分含)
    「分子間相互作用に関する知識マイニングとキナーゼ阻害剤探索への応用」
   新島 聡先生(京都大学大学院薬学研究科・助教)
14:15 休憩
14:30 パネルディスカッション~関西発医療イノベーションに向けて~
・講演 「個人情報保護制度はどうあるべきか-米国 HIPAAプライバシールールを参考に臨床情報の共有及び利用の限界を考える-」(20分)
弁護士/ニューヨーク州弁護士 井垣 太介先生
(北浜法律事務所・外国法共同事業 パートナー )
      ・ディスカッション
パネリスト: 梅村 聡先生(参議院議員/医師)
井垣 太介先生(弁護士/ニューヨーク州弁護士)
北野 義幸先生(大阪府商工労働部・理事)
三木 孝先生(神戸市企画調整局参与(医療産業都市担当))
坂田 恒昭先生(大阪大学サイバーメディアセンター・特任教授)
司会:  奥野 恭史(京都大学大学院薬学研究科・教授)
・総括 梅村 聡先生(参議院議員/医師)(20分)
17:00  閉会
引き続き、~19:30 <懇親会:大阪大学中之島センター2階カフェテリア「スコラ」にて>

■問合せ先
日本バイオインフォマティクス学会
関西地域部会(バイオメディカル研究会)事務局 阿部
京都大学大学院薬学研究科 寄附講座システム創薬科学
〒606-8501 京都市左京区吉田下阿達町46-29
tel & fax 075-753-4559
e-mail bmjimu@gmail.com

  Filed under:未分類 /