• ホーム
  • 大学・研究機関イベント情報

大学・研究機関イベント情報

第9回 バイオメディカル研究会
~ バイオメディカルイノベーションへの道標 ~

■日時:平成22年11月29日(月)13:00~17:00
■場所:大阪大学中ノ島センター 7階 講義室2 http://www.onc.osaka-u.ac.jp/
■主催:日本バイオインフォマティクス学会・関西地域部会
■共催:京都大学大学院薬学研究科・システム創薬科学講座  
■参加費:無料(参加予定人数:80名程度)
■申込方法:参加者氏名、所属、電話番号、メールアドレスを明記の上、bmjimu@gmail.com まで電子メールでお申込下さい。
■申込締切:平成22年11月22日(月)*定員になり次第、締め切ります。

■プログラム:

13:00 受付開始

13:30 講演1(質疑応答30分)

「幹細胞(ES/iPS/体性幹細胞)の実用化研究と産業への応用-医薬品開発加速のために出来ること」iPSアカデミアジャパン㈱ 細胞事業部長/京都大学 医学研究科 非常勤講師
酒井 明先生

 15:00 休憩

15:15 講演2 (質疑応答30分)
「ゲノムコホート、疾患原因遺伝子、バイオマーカー・・・・・創薬」
ヒュービットジェノミクス㈱ 代表取締役社長/山形大学 医学部 客員教授
一圓 剛先生

16:45 閉会

———————————————————————————————-

<講演要旨>

講演1 13:30-14:30 酒井 明先生

京都大学山中伸弥教授らが樹立したiPS細胞は、他の幹細胞とは一線を画した、全く新しい可能性を秘めた魅力的な細胞である。生物の根本を考え直すきっかけとなるなど人類に多大な影響を与えていることもあり、論文発表後わずか4年にして世界中の研究者が熾烈な競争を展開している。
今回は幹細胞(ES/iPS/体性幹細胞)について簡単に概説した後、iPS細胞ならびにそこから分化誘導した細胞に焦点を当てて、医薬品開発等の実用化のために出来ること等について紹介する。

講演2 15:15-16:15 一圓 剛先生

世界各国がヒトゲノム解析を大規模コホートで実施しはじめた。コホートにおけるゲノム解析は想像を遥かに超えた事実を知らしめた。例えば、アレルギーに治療では免疫寛容を誘導するという手法の可能性がクローズアップされ、さらに消化管免疫が重要な治療方法のカギを握るなど単一分子の動態だけで考えてきた治療法開発を大きくかえる可能性を示唆している。遺伝子全ゲノム解析、プロテオーム、メタボローム解析やiPS研究はコホート研究と連携することで「ヒト細胞、ヒトサンプル」を用いた様々な研究を可能にする。旧態の技術ではバイオマーカーの発見すら困難を極めたが、バイオマーカーと創薬ターゲット分子が同時に見いだしている例をご紹介する。

  Filed under:未分類 / 

NEDO三次元光デバイス高効率製造技術
第13回 光集積ラボラトリー公開セミナー

京都大学産官学連携本部/NEDO特別講座 光集積ラボラトリー
総括責任者 平尾 一之
 
1. セミナーの趣旨
「NEDO光集積ラボラトリー」では、将来の先端分野や融合分野の技術を支える人材を育成することを目的として、NEDO光集積ラボラトリー公開セミナーを開催してきました。昨年度に引き続き、さまざまな分野の専門家を招いて、光、ナノテク材料、環境やエネルギー等の最近の話題をわかりやすく解説していただきます。今回は第13回目として 京都・先端ナノテク総合支援ネットワーク にも協賛いただき、「ナノ材料」を取り上げます。下記の内容で開催いたしますので、ふるってご参加ください。
2. セミナーの概要
【日時】 平成22年11月24日(水)13:30 – 15:50
【場所】 JSTイノベーションプラザ京都 1階 セミナー室
     http://www.kyoto.jst-plaza.jp/access/index.html
【参加対象者】 企業大学等の技術者・研究開発者(専門分野は不問) 40名程度 先着順
【申込方法】 以下の内容を事務局までご連絡願います。( sugi@saci.kyoto-u.ac.jp :杉渕 )
              1. 氏名   2. 所属、役職   3. 連絡先(電話番号、E-mail アドレス)
【参加費】 無料 
【プログラム】 
13:30 – 13:35  挨拶   平尾 一之 教授  京都大学大学院 工学研究科 材料化学専攻
13:35 – 14:35  講演
講師 鈴木 基史 准教授  京都大学大学院 工学研究科 マイクロエンジニアリング専攻
演題 『薄膜ナノ形態の制御と機能発現』
概要 物理蒸着法による自己組織的な薄膜ナノ形態の制御法・設計法と、形態に起因する機能を概
説する。また、光学素子、触媒、バイオ・化学センサ等への具体的な応用例を紹介する。
< 休憩 15分間 >
14:50 – 15:50 講演
講師 中西 博 氏  株式会社ニデック 探索研究部
演題 『金ナノロッドアレイを用いたSERS基板への応用』
概要 室温で長期保管安定性、即測定可能、再現性のあるデータが得られるという特徴を持つ金ナ
ノロッドアレイ(Wavelet)の他社品比較および失敗事例を含んだ実用上の課題について検
討した結果を紹介する。
 
問い合わせ先:NEDO光集積ラボラトリー事務局  (担当: 亀谷)

TEL/FAX : 075-383-3093/3029      E-mail : kametani@curl1.kuic.kyoto-u.ac.jp

URL : http://www.nedo.go.jp/activities/portal/gaiyou/p06046/kyotocourse2006.html

  Filed under:未分類 / 

京都人類学研究会11月例会のお知らせです。
奮ってご参集くださいますようお願いいたします。

【日時と場所】
日時:2010年11月19日(金)18:00開場 18:30開始
場所:京都大学文学研究科新館5階社会学共同研究室
(参加人数によっては、総合研究2号館(旧・工学部4号館)第8講義室に移動します)
会場までの道のりは、以下のアクセス・マップをご覧下さい。
http://www.bun.kyoto-u.ac.jp/about/access/
※終了後懇親会を予定しております。ぜひご参加ください。

【演題】
「平等的カースト性」を求めて
 ―現代北インドにおける「改宗仏教徒」の宗教儀礼実践の様相から―

【発表者】舟橋健太(京都大学 東南アジア研究所 グローバルCOE研究員)
【討論者】杉本星子(京都文教大学 人間学部 教授)

【要旨】
 往々にしてインドとほぼイコールで結びつけて語られるものに、「カースト制度」がある。
このカースト制度の最下層に位置するとされているのが、「不可触民」(ダリト)とされる人びとである。
独立前後期より、さまざまなかたちでの不可触民解放運動/ダリト運動が活発にみられており、そうしたひとつに、仏教改宗運動がある。
すなわち、かれら「不可触民」の間で、独立以降、仏教への改宗の動きが漸進的に増加していると認められるのである。
 それでは、かれら「改宗仏教徒」たちは、どのように改宗に至り、どういった生活を送っているのであろうか。
特に、改宗仏教徒の宗教儀礼実践に焦点をあてて、その混淆性と選択性に着目しつつ、かれらが改宗以前の過去(自己のカースト性)と完全に断絶するのではなく、また他者関係、とりわけ親族・姻族関係においても断絶することなく、むしろ、継続性・共同性を希求・主張している様相を検討したい。そこにおいては、平等主義を標榜したブッダや中世の詩聖人であるラヴィダースとの系譜の同一性が唱えられ、同一カーストの非仏教徒(ヒンドゥー教徒)との共同性が主張されることになる。
これはつまり、現代北インドに生きる改宗仏教徒たちによる、「平等的カースト性」の追求・主張であるといえるのではないだろうか。

【備考】
*事前の参加予約は必要ありません。
*当日は資料代として200円いただきます。
*京都人類学研究会は京都を中心とする関西の人類学および関連分野に
 関心をもつ大学院生・研究者がその研究成果を報告する場です。
 どなたでも自由に参加いただけます。

【お問い合わせ先】
京都人類学研究会事務局
inq_kyojinken@hotmail.co.jp

泉直亮 野口真理子 山本佳奈 安念真衣子
濱谷真理子 平田生子 神本秀爾 黒田さくら
長谷川アリスン江実 朴眞煥 嶺崎由美子
安井大輔
京都人類学研究会代表 松田 素二

  Filed under:未分類 / 

上賀茂試験地では来る11月13日(土)に2010年度秋の自然観察会を開催します。

詳細は以下のとおりです。

内容:試験地内で行う自然観察、標本館や見本林の見学、落ち葉や木の実を使った工作など
日時:平成22年11月13日(土) 10時~15時(受付開始:9時30分 小雨決行)
場所:京都大学フィールド科学教育研究センター里域ステーション上賀茂試験地
(住所:京都市北区上賀茂本山2  アクセス:叡山電鉄・京都精華大前駅より徒歩約10分)
定員:30名
対象:一般の方々(ご家族での参加も歓迎いたします)
*小学生以下の方が参加する場合は、保護者が必ず同伴してください。
参加費:無料 *ただし、イベント保険料として50円徴収します。
持ち物:山歩きのできる(汚れてもいい)服装、歩きやすい靴、雨具、昼食

申込み方法
必要事項(氏名・ふりがな・年齢・性別・住所・電話番号)を明記の上、往復はがき・電子メールのいずれかの方法で申込んでください。申込み1通につき5名までの応募が可能です。
*応募者全員の必要事項を必ず明記してください。なお、個人情報は当自然観察会の運営のみに使用いたします。

申込み締切
平成22年10月29日(金)当日消印有効、電子メールは17時まで

申込みが定員を超えた場合は、抽選になります。結果は締切翌週にお知らせします。

申込み及び問い合わせ先
〒603-8047 京都市北区上賀茂本山2 京都大学上賀茂試験地
TEL:075-781-2404
メールアドレス:kamigam @ okais.kyoto-u.ac.jp(件名:観察会参加申込み)

注意事項
・当日はイベント保険に加入いたしますが、加入保険の範囲を超える賠償の責任は場合によっては、保障できないこともございます。予めご了承ください。

昨年度(2009年度)の観察会の様子

  Filed under:未分類 / 

「関東大震災時の京都府の支援体制について -京都府の行政資料を中心に- 」

第38回京都歴史都市災害研究会を開催致しますので、是非ご参加くださいますようご案内申し上げます。

日時:2010年11月12日(金)16:30~18:00

場所:立命館大学衣笠キャンパス 歴史都市防災研究センター カンファレンスホール

報告者:立命館大学グローバルイノベーション研究機構 教授 北原糸子氏

事前申し込み不要・入場無料
来聴歓迎!

<お問合せ先>
立命館大学歴史都市防災研究センター事務局
担当:冨永・北村
TEL:075-467-8801(平日9:30~17:00)
FAX:075-467-8825

  Filed under:未分類 / 

【日時と場所】
日時:2010年11月12日(金)18:15開始
場所:京都大学文学研究科新館2階第6講義室
会場までの道のりは、以下のアクセス・マップをご覧下さい。
http://www.bun.kyoto-u.ac.jp/about/access/
※終了後懇親会を予定しております。ぜひご参加ください。

【演題】
「ポスト」サパティスタの問題構制
      ―インディへニスモからサパティスモへ、その先は?
【発表者】小林致広(京都大学文学部教授)
【討論者】中田英樹(京都大学GCOE研究員)

【要旨】
1994年以降展開されているサパティスタ運動(サパティスモ)は、「メキシコ人類学」にとっても一つの大きな転換点となっている。
メキシコ人類学は、国内における他者「インディオ」の国民化の推進(インディへニスモ)という責務を果たす応用科学のひとつとして展開してきた。
1968年のトラテロルコ虐殺を契機にインディへニスモと人類学の関係は見直されていく。
1994年の蜂起以降、人類学者たちは、どのような責務や問題構成のもと、「研究対象者」と接しているのであろうか。

【備考】
*事前の参加予約は必要ありません。
*当日は資料代として200円いただきます。
*京都人類学研究会は京都を中心とする関西の人類学および関連分野に関心をもつ大学院生・研究者がその研究成果を報告する場です。
どなたでも自由に参加いただけます。

【お問い合わせ先】
京都人類学研究会事務局
inq_kyojinken@hotmail.co.jp

泉直亮 野口真理子 山本佳奈 安念真衣子
濱谷真理子 平田生子 神本秀爾 黒田さくら
長谷川アリスン江実 朴眞煥 嶺崎由美子
安井大輔
京都人類学研究会代表 松田 素二

  Filed under:未分類 /