• ホーム
  • 大学・研究機関イベント情報

大学・研究機関イベント情報

「次世代太陽電池:CZTSを中心に」第1回勉強会
開催日時 7月23日(金) 16時~19時半
開催場所 大阪大学 先端科学イノベーションセンター A棟B1研修室
06-6879-4910
http://www.casi.osaka-u.ac.jp/org/access.html

概要
環境の時代、太陽電池の市場規模は年率3-4割で伸張し2020年には2008年の5倍に当る10兆6千億円に拡大すると予想されています。米国西海岸のベンチャー企業First Solar社はこの波に乗り、日本で忌み嫌われたCdS/CdTe厚膜太陽電池で創業、たった10年で市場占有率世界一位に躍進、日本勢は停滞と激変しています。次への開発では、全く有毒物を含まず且つ資源的な制約の無い、環境に優しい次世代太陽電池の要望は高く、親類筋のCZTS(Cu2ZnSnS4)が注目されています。
価格の1/3を占めるパネルは、ガラス、ITOや銀電極材、はんだ、様々な無機材料、金属/有機薄膜などから成り、その評価機器、制御、電力変換、制御ソフトや構造部材など広い裾野に至るまで、低廉化や標準化を目指した見直しが進んでいます。
今回は当所の活動の一端をご紹介すると共に、当分野に興味をお持ちの開発者や実務者の方々に今必要とされている連携、相互啓発、異分野にわたる情報交流の場をご提供致します。関係者へ広くご案内頂くと共に、多数の方々のご参加をお願い致します。

16:00-17:30
「センター紹介」    
先端科学イノベーションセンター 町田 憲一教授 

「CZTS太陽電池を巡る環境」
先端科学イノベーションセンター 釘宮 公一特任教授

「市場占有率世界一のCdS/CdTe太陽電池に想う」
先端科学イノベーションセンター 山口 和文特任教授

17:30 ~   自由討議/交流会         
場所 A棟B1 ラウンジ

参加申込締切り 7月20日(火)

お名前     

所属 

連絡先

住所 〒

電話等
TEL 
FAX
E-mail

申込/問い合わせ先 大阪大学先端科学イノベーションセンター 釘宮 公一
kugimiya.1q3@hotmail.co.jp
参加費(会合当日に徴収、交流会費込み) 1000円/人

  Filed under:未分類 / 

【日時と場所】
日時:2010年7月23日(金)18:00開場 18:30開始
場所:京都大学文学研究科新館2階第6講義室
会場までの道のりは、以下のアクセス・マップをご覧下さい。
http://www.bun.kyoto-u.ac.jp/about/access/
※終了後懇親会を予定しております。ぜひご参加ください。
懇親会会場:京都大学文学研究科新館5階社会学共同研究室
(例会会場と同じ建物の5階です)

【演題】エンタテインメントと文化人類学

【発表者】都留泰作(京都精華大学マンガ学部 准教授)

【コメンテータ】
泉直亮(京都大学アジア・アフリカ地域研究研究科)
神本秀爾(京都大学人間・環境学研究科)
松田有紀子(立命館大学先端総合学術研究科)
宮下芙美子(京都大学総合人間学部)
安井大輔(京都大学文学研究科)

【要旨】
いわゆるエンタテインメント作品において、文化人類学の知見やフィールド知がいかに活用されているかを、表現者の視点から試論する。文化人類学の知見と、芸術・文学などの表現活動との関係は、これまで差別や異文化表象の問題として扱われてくることが多かった。しかし、本発表では、そのこととは別個の問題として、文化人類学の知識やフィールド経験が、作品を「面白く」する素材として、表現者たちの手でいかに利用されているかを検討する。「スターウォーズ」など、ポピュラーなエンタテイメント作品を検討しながら、エンタテインメントにおける文化人類学的な知の利用は、特にいわゆる「世界観構築」に関わっているという視点を示し、表現者たちの関心の所在が、アカデミックな関心と重なり合いながらも、微妙だが無視しがたいズレをはらんでいることを明らかにする。これを通じて、文化人類学という分野における、学問と表現の間における協調関係の可能性を追究してみたい。

【備考】
*事前の参加予約は必要ありません。
*当日は資料代として200円いただきます。
*京都人類学研究会は京都を中心とする関西の人類学および関連分野に
関心をもつ大学院生・研究者がその研究成果を報告する場です。
どなたでも自由に参加いただけます。
【お問い合わせ先】
京都人類学研究会事務局
inq_kyojinken@hotmail.co.jp
泉直亮 野口真理子 山本佳奈 安念真衣子
濱谷真理子 平田生子 神本秀爾 黒田さくら
長谷川アリスン江実 朴眞煥 嶺崎由美子
安井大輔
京都人類学研究会代表 松田 素二

  Filed under:未分類 / 

【7月13日(火)】
第11回 光集積ラボラトリー公開セミナー
NEDO三次元光デバイス高効率製造技術
京都大学産官学連携本部/NEDO特別講座 
光集積ラボラトリー総括責任者 平尾 一之
「NEDO光集積ラボラトリー」では、将来の先端分野や融合分野の技術を支える人材を育成することを目的として、NEDO光集積ラボラトリー公開セミナーを開催してきました。
昨年度に引き続き、さまざまな分野の専門家を招いて、光、ナノテク材料、環境やエネルギー等の最近の話題をわかりやすく解説していただきます。
今回は第11回目として「次世代リチウムイオン電池」を取り上げます。
平尾 一之 教授  京都大学大学院 工学研究科
安部 武志 教授  京都大学大学院 工学研究科
上町 裕史 代表取締役  株式会社ポリチオン
場所:JSTイノベーションプラザ京都 セミナー室  

  Filed under:未分類 /